現在東京の寄席はすべて休業となっており、落語家が落語を披露する場は失われています。
そんな中、上野鈴本演芸場の四月下席でトリを取る予定であった春風亭一之輔師匠が、素晴らしい企画を発表されました。

※五月下席の第二幕についても後半に追記しました。

10日間、YouTubeで落語を生配信!

今回の企画は、2020年4月21日(火)~4月30日(木)の10日間、落語をYouTubeで生配信するというものです!

時間は各日20時10分~21時00分の予定。
これはもう、見るしかありません!

恐らく投げ銭機能を使って支援をすることも可能になると思います。(→第五夜からスタートしましたが、実施は不定期)
この機会に人気・実力ともに抜群の一之輔師匠の落語を存分に楽しみましょう。

初日から熱演!各日の演目は?

4月21日(火)、初日の配信が行われました。
演目は「初天神 団子屋政談」。
おなじみの「初天神」に一之輔師匠が創作を加えたものです。

時事ネタも随所に織り交ぜながら、約1時間の熱演となりました。
配信のため寄席独特の一体感を感じることはできませんが、十分に楽しませていただきました。
一之輔師匠、さすがとしか言いようがありません!

以下に、配信日ごとの演目を記録しておきます。

  • 第一夜:「初天神 団子屋政談」
  • 第二夜:「粗忽の釘」
  • 第三夜:「百川」(ちょっと「芝浜」)
  • 第四夜:「千早ふる」
  • 第五夜:「青菜」
  • 第六夜:「らくだ」
  • 第七夜:「笠碁」
  • 第八夜:「鰻の幇間」
  • 第九夜:「お見立て」
  • 第十夜:「花見の仇討」

一之輔師匠の魅力については以下の記事もご覧ください。

5月下席、YouTube落語生配信の第二幕を開催!

2020年5月21日(木)~30日(日)の10日間、一之輔師匠による落語生配信が再び行われることになりました!
5月下席、浅草演芸ホールでトリを務める予定だった師匠ですが、いまだ寄席の営業が再開されないため生配信を実施してくださるということです。

しかも今回は、日替わりで色物さんがゲスト出演!
寄席でいうトリの前の「ひざ代わり」から楽しめるわけですね。

生配信は毎日20時15分から
とくに色物さんの芸はアーカイブ視聴はできず、生配信のみとなっています。
10日間、見逃すことなく楽しみましょう!

第二幕(5月下席)の配信演目

5月下席(5月21~30日)の生配信では、落語の前に色物のゲストが日替わりで登場しました。
以下は各日の演目です。※カッコ内は色物ゲスト

  • 第一夜:「あくび指南」(紙切り 林家正楽)
  • 第二夜:「天狗裁き」(動物ものまね 江戸家子猫)
  • 第三夜:「猫の災難」(粋曲 柳家小菊)
  • 第四夜:「短命」(曲ごま 三増紋之助)
  • 第五夜:「蛙茶番」(奇術 アサダ二世)
  • 第六夜:「夢見の八兵衛」(漫才 ロケット団)
  • 第七夜:「」(音楽パフォーマンス のだゆき)
  • 第八夜:「」
  • 第九夜:「」
  • 第十夜:「」

YouTubeをやっている落語家・講談師

現在は、一之輔師匠以外にもYouTubeで発信を行っている落語家が多くいます。

とくに講談師・神田伯山先生のチャンネルでは、2月から行われた真打披露興行の様子を収めた貴重な動画が配信されており、おすすめです。
さらに「中村仲蔵」などの講談も惜しげなく披露しておられますよ。
ぜひぜひご覧ください。

まとめ

ステイホームな毎日ですが、落語家の皆さんの配信は気分を明るくしてくれます。
存分に楽しみ、できる範囲で支援し、皆で落語を守っていきましょう!